チャペルや教会の利用についてご紹介!

当サイトでは結婚式で使うチャペルや教会に関する情報を掲載しています。
これらを利用して挙式をするときにはどのようなことに注意をするべきか、キリスト教の施設であることを理解しておくことの大切さ、またこれらの2つにはどういった用途の違いがあるかも説明しています。
さらに結婚式を挙げる際に、施設によって違う価格の差などについても扱っているサイトです。
キリスト教の施設で結婚式をする計画があるのなら、参考になるでしょう。

チャペルや教会を使うときの注意点

チャペルや教会を使うときの注意点 長いバージンロードや大きなステンドグラスなど、キリスト教の教会やチャペルでの結婚式に憧れを持っている人は多いのではないでしょうか。
専門式場やホテル、ゲストハウスなどでもチャペルが併設されているところは多くあるため現代では多くの人がキリスト教式の結婚式をおこなっています。
しかし普段からキリスト教徒であるわけではないため、チャペルや教会についてよく知らないという人も少なくありません。
これらの施設で挙式をする際には注意しておきたいこともあります。
信者でない人がキリスト教式で結婚式をすることが出来るのはプロテスタントの教会・チャペルのみです。
また再婚の場合には、離婚の理由によってはキリスト教式の結婚式ができない場合もあります。

教会とチャペルの違いについて知っておこう

教会とチャペルの違いについて知っておこう 真っ白なドレスに身を包み、バージンロードを歩くチャペルウェディングは、多くの女性にとってあこがれの的です。
神の前で永遠の誓いを行うという儀式は、厳粛さの中にもどこか華やかさがあり、人生の大切な瞬間を彩るのにふさわしい舞台であると言えます。
ところで、チャペルウェディングが行われる場所と言えばすぐに教会が思い浮かびますが、この「教会」に当たる英語はチャーチであり、厳密に言えばチャペルとは違います。
キリスト教徒以外の人にとってはそれほど重大な違いではありませんが、挙式をサポートしてくれる大事な存在である以上、一般知識として知っておくのは良いことです。
チャーチというのは仏教のお寺に当たる存在で、聖職者が常駐し、信徒の相談相手になったり各種儀式を行ったりするところです。
結婚式もその一環として行われます。
これに対してチャペルは元々は礼拝堂のことを指していましたが、現代の日本ではキリスト教精神をある程度反映した世俗の施設を指す言葉として定着しています。
したがって、必ずしもキリスト教団体が運営しているとは限らず、ホテルやイベント会社などが設置しているケースもあります。
挙式を執り行う聖職者も、多くは提携している団体などから派遣されてきます。

教会やチャペルを使った結婚式のスタイルは80年代に

チャペルでの挙式のスタイルは、1980年代ごろから希望する人が増えてきたといわれています。
理由の一つに、映像作品などメディアでの影響があったと考える人は多いです。
実際に様々なドラマや映画などでウェディングドレスを着て教会で式をあげる人が登場することが増えてくるのは、70年代末ごろから80年代だという意見が少なくありません。
80年代後半のバブル期には、豪華な教会で式を挙げる人が圧倒的に増えてきており、メディアでも当然のように結婚式のシーンではチャペルを使うようになりました。
メディアで多く取り上げられるようになったのを機に、多くの専業の式場でチャペルの建設に取り組むことが増えてきており、利用する人が増えたのは事実です。
申し込むカップルの中にはチャペルを目当てにしていることもありました。
2000年代以降は和婚がブームになったことから多少落ち着いてきているのは事実ですが、それでも現在でもウェディングドレスを着て式を挙げるカップルが多いです。

チャペルと教会の違いと新築時の完成度の確認

キリスト教式の挙式を挙げたいと考えているカップルの中には、チャペルと教会、どちらで挙式をしたらいいのかわからないという人もいます。
どちらも同じではないかと考えている人も少なくありませんが、厳密には多少異なるため、理解してから利用することが重要です。
日本国内ではチャペルといえば挙式をするためのスポットと認識されており、教会はキリスト教信者が礼拝を行うなど日々神と語らう場として認識されています。
日本国内では信者のみが礼拝を行う場で結婚式を挙げることが許可されており、信者以外の人が指揮をする場とはなりません。
結婚式場にある物は礼拝などを行うことはないため、式を挙げるためだけのチャペルといえます。
新築したばかりの所の場合は完成度がほかの所よりも異なるため、結婚式にふさわしい場といえるでしょう。
事前に結婚式場側に問い合わせるなどして、理想となる式をすることができるように打ち合わせを行うことが大切といわれています。

ステンドグラスのあるチャペルや教会で式を希望するなら

キリスト教式の結婚式を行う場合、チャペルや教会でステンドグラスの入った祭壇の前で挙式をあげることをイメージする人が少なくありません。
しかしすべての場所でステンドグラスが使われているわけではありませんので、注意が必要です。
例えば実際に信者たちの祈りの場となっている教会の場合には、あえて使用されておらず静謐な中で祈りをささげることができるようになっているのをはじめ、日本国内でも学校などに付属している礼拝堂の場合には使われていないことが多いといいます。
対して結婚式を行う専用施設となっているチャペルの場合には、ふんだんに使用していることが多いです。
式を豪華に見せるだけではなく、荘厳なイメージや華やかなイメージからカップルが選択することを期待していることが少なくありません。
利用するためには事前に相談することが必要といわれているため、ブライダルフェアなどへ参加して直接確認してから利用することが大切といわれています。

チャペルや教会での式の時に聖歌隊を利用する

教会やチャペルで挙式をあげる際、聖歌隊に歌ってもらって厳かな雰囲気の中で挙げたいと考えている人は少なくありません。
しかし、利用を希望している人の中には、全てで聖歌隊が存在しているわけではないことです。
存在しているのは本物の教会である場合が多数ですが、信者のみが挙式を可能としているところが圧倒的に多く、あまりチャペルで存在しているわけではないことも事実といえます。
その場ではなく別の所で活動している人たちを有料で招いて式の時に歌ってもらうといった形での利用が可能となっているため、事前によく確認して利用することが重要です。
式場に併設されているチャペルの中にはオプションで存在していることもあるため、事前にウェディングプランナーと相談して利用を検討してください。
新郎か新婦の母校がキリスト教系の学校であった場合、部活動の一環で存在している可能性はあります。
学校にいくらか寄付することで式の時に歌ってもらえることもあるため、つてがあるなら相談してみましょう。

チャペルや教会のオシャレなイメージだけで決めない

チャペルや教会での式はオシャレと感じている人は少なくありません。
その理由の一つはバブル期に作られたイメージや、映像作品内でのイメージが強いからです。
結婚式場に併設されているチャペル内の場合、単なる白いウェディングドレスだけではなく、カラードレスなどを使って式を挙げるカップルなども存在しているため、華やかなイメージがあることは事実といえます。
動画サイトなどで宣伝している内容から、魅力的だと感じて式を挙げる人は少なくありません。
実際に式を挙げている人々の中には動画サイトでのCMやイメージ映像が魅力的だったから選んだという声もあります。
利用する上で考えておくことは、イメージ映像だけで会場を決めてしまわないことです。
チャペル内の収容人数やオプションなどをよく確認し、可能であればブライダルフェアなどを活用して実際によく見て2人で相談することが、大切となります。
映像を見て魅力的だと感じたら、まずは2人でブライダルフェアへ行くために申し込んでみませんか。

結婚式に関する情報サイト

大阪 迎賓館

新着情報

◎2022/11/15

情報を追加しました。

> 教会やチャペルを使った結婚式のスタイルは80年代に
> チャペルと教会の違いと新築時の完成度の確認
> ステンドグラスのあるチャペルや教会で式を希望するなら
> チャペルや教会での式の時に聖歌隊を利用する
> チャペルや教会のオシャレなイメージだけで決めない

◎2021/3/31

チャペルと礼拝堂の違い
の情報を更新しました。

◎2020/11/16

チャペルと教会の違い
の情報を更新しました。

◎2020/8/7

チャペルと教会の価格の違い
の情報を更新しました。

◎2020/5/14

チャペルと教会の用途の違い
の情報を更新しました。

◎2020/04/30

サイト公開しました

「チャペル 教会」
に関連するツイート
Twitter

高速乗ってる時にちゃちいチャペル風のラブホが見えて「たまには安ホテルも乙だろ」とやる気満々で高速降りるJD 意気揚々と目の前まで行ったところでマジの教会だったことが判明して激萎えする二人 「…もうここでヤるか?神の御前で一発」 「流石にダメだろ。お祈りして帰る?」 「それこそ無いだろ」

【主日礼拝】 ーーーー⛪️⛪️⛪️ーーーー 緑教会 創立50周年記念礼拝 ーーーーーーーーーーーーー 5月26日(日)有松チャペル 合流礼拝(第一礼拝は休会) 午前10:30〜 メッセージ:丸山悟司師(御園バプテスト教会牧師) 【長久手礼拝】 長久手チャペル 15:30〜 メッセージ:配信

ではキリスト教主義教育の一環として学期中の毎昼休み、大学礼拝をチャペルにて行い、学生と教職員が共に礼拝を守っています。5/24は聖書教会連盟金沢あおぞら教会のキム・ソンウン先生による「感謝すると、変わる」の題にて奨励を行いました。聖書はマタイ15:35-37を読みました。

あっっ教会って書いちゃったけど式場だからチャペル

24日の祈り | 長野聖書教会トリニティーチャペル  「されど今労するものは   いつの日かみな我が民とならん   悲しみはすべて   我が王座のまわりにて失せん」。 🙏